ふわもこ

好き勝手に書いています。

ミセスグリーンアップルの音域が一番高い曲は?最高音ランキングを徹底解説!

 

ミセスグリーンアップルは、その独特な音楽スタイルと個性的な歌声で多くのファンを魅了してきました。特に、音域が広く高音を美しく響かせる曲は多くのリスナーにとって魅力的です。この記事では、ミセスグリーンアップルの中で音域が一番高い曲をピックアップし、最高音ランキングを徹底解説します。

ミセスグリーンアップルの最高音ランキング

ミセスグリーンアップルの楽曲には、特に高音が印象的な曲がいくつかあります。これらの曲は、ボーカルの大森元貴さんの高音域の技術が光るものばかりです。

1位:In the Morning

「In the Morning」は、ミセスグリーンアップルの中で最も高音域が要求される曲の一つです。特にサビの部分では、大森さんの声が高音で美しく響き渡ります。この曲の最高音は、ファンの間でも非常に人気です。

ミセス 最高音の特徴

この曲のサビ部分は特に難易度が高く、プロの歌手でなければ再現するのが難しいほどの高音が要求されます。

2位:Ao to Natsu

「Ao to Natsu」は、明るく爽やかなメロディが特徴の曲ですが、その中でも高音部分が際立っています。大森さんの声が曲全体にわたって高音域で響くため、聴く者を魅了します。

ミセス 難しい曲ランキングに入る理由

この曲もまた、サビでの高音が非常に印象的で、カラオケで挑戦するファンも多いですが、その難しさに苦戦することが多いです。

3位:WanteD! WanteD!

「WanteD! WanteD!」は、エネルギッシュでパワフルな曲ですが、同時に高音部分も多く含まれています。特にサビの「WanteD! WanteD!」の部分での高音が印象的です。

ミセス どんどん高くなる曲の代表例

曲全体を通して、音域が次第に高くなる構成になっているため、ボーカルの技量が試される一曲です。

ミセスグリーンアップルの音域ランキング

ミセスグリーンアップルの曲は、バラエティに富んだ音域をカバーしています。ここでは、音域が広い曲をランキング形式で紹介します。

1位:Attitude

「Attitude」は、ミセスグリーンアップルの中でも特に音域が広い曲です。低音から高音まで幅広い音域をカバーしており、大森さんのボーカルが際立つ一曲です。

ミセス 音域ランキングトップの理由

この曲は、音域が広く、歌うのが非常に難しいため、ミセスグリーンアップルの中でも特に挑戦的な曲とされています。

2位:Speaking

「Speaking」は、テンポが速く、音域も広いため、聴いていて飽きない曲です。特にサビの部分での高音が印象的で、大森さんの声の美しさが際立ちます。

ヒゲダン 一番高い曲との比較

ヒゲダンの高音と比較しても遜色なく、この曲もまた、歌うのが難しい曲の一つとされています。

3位:Ao

「Ao」は、ミセスグリーンアップルの中でも比較的低音が特徴の曲ですが、音域は広く、特に高音部分が美しく響きます。

ミセス 一番低い曲との違い

この曲は、音域が広いながらも低音部分がしっかりと存在しており、バランスの取れた一曲です。

まとめ:ミセスグリーンアップルの音域が一番高い曲と最高音ランキング

ミセスグリーンアップルの楽曲の中で、音域が一番高い曲や最高音ランキングを紹介しました。「In the Morning」「Ao to Natsu」「WanteD! WanteD!」などの曲は、ボーカルの大森元貴さんの技量を最大限に引き出しています。また、「Attitude」「Speaking」「Ao」といった音域の広い曲も、聴きごたえがあり、ファンにとっては必聴の曲です。今後も、ミセスグリーンアップルの新曲がどのような音域や高音を見せてくれるのか、ますます期待が高まります。