ふわもこ

好き勝手に書いています。

ミセスグリーンアップルはビジュアル系?昔の顔から見た目変わった真相

ミセスグリーンアップルの見た目の変化とは

ミセスグリーンアップル(Mrs. GREEN APPLE)は、その音楽スタイルと個性的なビジュアルで多くのファンを魅了してきました。しかし、最近ではそのビジュアルが大きく変化したと話題になっています。彼らの見た目の変化について、ビジュアル系との関連も含めて詳しく見ていきましょう。

ミセスグリーンアップルのビジュアル系とは?

ビジュアル系とは、派手なメイクや独特のファッションで視覚的なインパクトを重視する音楽ジャンルです。ミセスグリーンアップルは、その音楽スタイルからビジュアル系と誤解されることがありますが、実際にはビジュアル系バンドとは異なります。彼らの音楽はポップロックを基調とし、幅広いジャンルに影響を受けています。

ビジュアル系とミセスグリーンアップルの違い

ビジュアル系バンドは、ゴシックやパンクなどの要素を取り入れた派手なメイクと衣装が特徴です。一方、ミセスグリーンアップルは、シンプルでスタイリッシュなファッションが中心であり、メンバー自身もビジュアル系の要素を意識していないと語っています。

ミセスグリーンアップルの昔の顔と現在の見た目の変化

ミセスグリーンアップルのメンバーは、デビュー当時から現在に至るまで、そのビジュアルに変化を見せてきました。特にボーカルの大森元貴(もとき)や、キーボードの藤澤涼架(あすみ)の見た目の変化が注目されています。

大森元貴の見た目の変化

ボーカルの大森元貴は、デビュー当時はナチュラルなスタイルでしたが、最近では髪型やファッションにより個性的なスタイルを取り入れています。これにより、一部のファンからは「ビジュアル系?」と疑問の声が上がることもありますが、彼自身は音楽性の幅を広げるための試みとして捉えています。

藤澤涼架の変化

キーボードの藤澤涼架も、昔に比べてファッションやメイクに変化を見せています。特にライブパフォーマンスにおいては、より視覚的なインパクトを重視するスタイルを採用しています。

ミセスグリーンアップルのアルバムとビジュアルの関係

ミセスグリーンアップルのアルバムリリースごとに、そのビジュアルも変化しています。これは、アルバムのコンセプトに合わせたビジュアル戦略の一環であり、音楽とビジュアルの一体感を追求しています。

アルバム「Attitude」との関連

アルバム「Attitude」では、よりダークでシリアスなテーマを取り上げており、それに合わせてビジュアルも大きく変化しました。メンバーは黒を基調とした衣装を纏い、メイクも強調されています。

アルバム「ENSEMBLE」との関連

一方、アルバム「ENSEMBLE」では、より明るくポジティブなテーマが強調されています。それに合わせて、メンバーのビジュアルもカラフルでエネルギッシュなものとなり、ファッションも軽やかで遊び心のあるスタイルに変化しました。

ミセスグリーンアップルとビジュアル系バンドとの比較

ミセスグリーンアップルとビジュアル系バンドの違いを理解するために、具体的な比較を行ってみましょう。

音楽性の比較

ビジュアル系バンドは、ハードロックやメタルなどの激しい音楽が多く、視覚と音楽の一体感を重視します。一方、ミセスグリーンアップルは、ポップロックを中心に幅広い音楽スタイルを取り入れており、視覚的な要素はあくまで補完的な役割を果たしています。

ファッションの比較

ビジュアル系バンドのファッションは、ゴシックやパンクの要素を取り入れた派手なスタイルが特徴です。対照的に、ミセスグリーンアップルはシンプルでスタイリッシュなファッションが中心であり、ビジュアル系とは異なるアプローチを取っています。

まとめ:ミセスグリーンアップルはビジュアル系ではないが見た目は変わった

ミセスグリーンアップルは、ビジュアル系バンドと誤解されることがありますが、実際にはポップロックを基調としたバンドであり、そのビジュアルは音楽性を引き立てるための要素に過ぎません。彼らの見た目の変化は、アルバムのコンセプトや時代の流れに合わせたものであり、ビジュアル系とは異なるアプローチを取っています。ファンとしては、音楽とビジュアルの両方を楽しみながら、彼らの進化を見守っていきましょう。