ふわもこ

好き勝手に書いています。

ありえない!ディフェリンゲルの乾燥対策にニベアは使えない?

ィフェリンゲルにニベアって効くの?

私がディフェリンゲルを使っていた時は
ニベアよりもワセリンが良いって言われていました。

最近ではニベアに対する評価が凄いですね!


という訳で、
ニベアが乾燥対策になるのかを
話してみたいと思う。

 

前回の記事でワセリンについても書いたので参考にして欲しい。
⇒ ワセリンを使ってみたら奇跡が起きた!は<コチラ>


まぁニベアに注目が集まるのは
単純に安くて性能がいいことだよね。

調べてみると、ニベアの有効成分は
とある高級化粧品ブランドの保湿クリームと
よく似た成分が多いらしい。


なので、
美容に高い関心を持っている女性層には
めっちゃコスパの良い保湿クリームとして知られている。


男性の間でも昔、CMでよく、
紹介されていたからなのか、
ニベアのことを知っている人が私の周りでもすごく多い!

男性は化粧品なんて知らない人が多いけど、
ニベアは凄い多くの人が知っていましたよ^^;

 

私はニキビのせいで不登校になり、
学校へはいけませんでした。
学校へ行くといじめられましたから。。。


そこで、
ディフェリンゲルを使ってニキビを治して
コンプレックスを無くそうと思いました。

だけど、現実はとても厳しく、
ディフェリンゲルには副作用という
治療継続を困難にさせる作用があったのです。


この副作用がまたトンデモなくて!

多くのニキビで悩んでいる患者さんは
副作用で心が折れてしまい、
治療を途中で投げ出してしまう人ってすごく多い。

私も何度も投げ出しました。


何が一番つらいっていうと、
やっぱり、“乾燥”ですね。


肌は乾燥することで
あらゆる問題を引き起こします。

ディフェリンゲルは特に乾燥がひどい!


私が使っていた頃は、ワセリンが主流だったけど
最近ではニベアが注目されている。

まぁワセリンとニベアなら、
ドラッグストアで買うと値段は一緒くらいだけど、
量が違うからね。

やっぱり量が多いほうが良いよね^^;

 

だけど、問題はニベア
ディフェリンゲルの乾燥に対して
使えるの?ってことだろう。


ニベアは美容セレブが愛用する
ドゥ・ラ・メールの保湿クリームと成分が似ている。

ということで、美容家の間では注目されている。


実際のところ、
乾燥にはめっちゃ効果を発揮するようで
ニベアクリームの口コミはとても良いですね!


ニキビは乾燥が激しくなると
その乾燥を防ぐために、皮脂を多く分泌します。

そのため、おでこや鼻・頬は
乾燥する度にテカリます。


ディフェリンゲルを塗ると
テカリが以前よりも激しくなる!って言う声を聞きます。
が、
これは乾燥がディフェリンゲルによって
ひどくなっている証拠なのでしょうね。


だけど、凄いことにニベアには
皮脂の分泌を抑える成分があるそうな
(゚д゚)!


これにはビックリです。

ニベアの大半は油で出来ているので
ニベアの油分で保湿されていると
皮脂を出して乾燥を防ぐ必要が無くなるのです。

だから、皮脂がおさまってくる。


調べてみたらニベアには、
ワセリンが使われているらしい。

他にも“尿素”が含まれている。


ディフェリンゲルを使うと
肌が固くなる人もいるから、
そういう時はニベアを塗ると良い!

尿素には、角質を柔らかくする効果がある。


顔にはあまり効果はないかもだけど、
足の甲の部分が象の皮膚みたいになっている人は多い。

そういった方には足にニベアを塗るのが
一番、効果的ですよ。

 

でも、一番大切なのは正しい使い方を知ることです。
治療中に医師から言われたことをまとめてみました。

⇒ 皮膚科医が教えるディフェリンゲルと化粧水の塗る順番は?<コチラ>

 

※追記:2016年現在、
あなたはニキビを今すぐ簡単にたった2ヶ月で治したいですか?

期間限定
無料”で私の体験談を公開しました。
ぜひ、参考にして下さい。

f:id:okumanen:20160522165927p:plain

→ 治るまでの体験談はコチラを<クリック>

1日30秒の〇〇を変えるだけ。
好きな人の前で副作用に悩む心配はありません
有名になりたくないので今だけ限定公開

 

 

※当ブログの歩き方【目次】
3分以内に読めるあなたに必要な情報を“無料”で公開。
自分の顔に自身がない孤独な人生とはここで別れましょう

  1. 【長文】赤ニキビを完全に完治するまでの体験談
  2. 【※超重要】皮膚科医が教えるディフェリンゲルと化粧水の塗る順番
  3. 【知らないと怖い】ディフェリンゲルを患部へ塗る際に気をつけること
  4. 【重要】ディフェリンゲルはニキビ完治後も塗るべし!
  5. 【恐怖】管理人を襲ったディフェリンゲルの副作用

  ≫当ブログの目次はコチラ≪